中央区で中古マンション物件を査定してもらうには

中央区でマンションを所有しており新たな物件への転居を考えている場合、まずはその中古マンションの査定をしてもらう必要があります。査定してもらう事で、現状の不動産価値がいくらなのかを知ることができます。 その後で仲介での売買、直接買い取りなどの方法でマンションを売却することが可能なのです。中古のマンションを査定してもらうには、一括サイトを利用することが便利です。一括サイトには複数の不動産業者が登録をしています。その為、マンションの情報を一度登録することで全ての業者へ共有される仕組みになっているのです。 一括サイトを利用しないとなると、すべての業者へ同じ情報を何度も伝えないといけない為、必要以上の手間がかかってしまいます。そうならないためには一括サイトの利用がベストなのです。

机上での価格、訪問での価格を理解する

中央区の中古マンションの情報を一括サイトへ登録すると、複数の不動産業者より連絡があります。連絡があった業者へ、まずは机上価格を確認します。机上価格は、事前登録したマンションの情報をもとに金額を出します。 その為、業者によって価格のバラつきが発生してしまいがちです。この現象は必ずと言っていいほど発生してしまいます。結論、ここでの価格のバラつきは気にする必要はありませんので問題ないでしょう。次にマンションまで来てもらったうえで価格を出してもらってください。 この価格が売却する際の価格になります。物件には周辺相場という相場が存在します。価格を出してもらう際、周辺相場を基本とされますので覚えておきましょう。どちらの価格も分かった後は、対応が良かった不動産業者へ売却の相談をしていきます。

業者選びは慎重に行うべき物件売却

マンションを売却する際の業者選びは価格だけで決定することは利口ではありません。不動産業者の中には、自社の利益しか考えず、売主の利益を考えない業者もあります。そういった業者へ依頼してしまうと、売却したい時期までに売却できないことや、希望価格での売却が難しくなる可能性が高くなります。 ですので、不動産業者選びは慎重に行う必要があるのです。あくまでも希望時期までに販売できるであろう価格を提案してもらえる業者が理想であると言えます。その業者の見極めを査定の際に行うのです。見極め方はシンプルです。売却に際しての説明をしっかりと行ってもらえる業者、仲介の媒介契約について説明を行ってもらえた業者を選ぶと良いでしょう。 そういった業者は売主の立場で物事を考えてもらえる可能性が高くなりますから、希望通りに売却できる可能性も高くなります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加