東京都中央区の中古マンションの物件価格の推移について

東京都中央区は、まさに都心の一等地にある場所になります。東京駅の八重洲エリアは、この場所にあたります。それ以外にも商業地としては、銀座エリアや人形町エリアもそれに当たることになります。このように、かなりの大きな商業地区がこのエリアに入ってきますので、税収面では問題ないエリアといえます。 さらに、それ以外にも月島地区や晴海地区に関しては、人口の流入がかなり続いております。従ってこのエリアに関しては、中古マンションの物件の価格も基本的には上がり続けていることになります。そして、このエリアに関しては今後も地下鉄やBRTなどができることによって価格の上昇が期待できる面もありますので、資産性の面でも中古マンションを買いたくなるエリアといえるでしょう。

中央区晴海地区のマンションについて

中央区晴海地区は、この数年かなり大規模なマンションが多くできております。1000戸単位のタワーマンションが3つできており2019年は、さらにもう一つの1000戸単位のマンションができる予定です。そして、この値段を見てますと徐々に値段が上がって行っている状態です。 つまり、中古マンションも新築の時よりも基本的には上がっている物件が多くあります。ものによっては2割以上値上がりしているものもあります。そして、この晴海地区は現在は交通の便が東京駅からたった3キロメートル程度の場所にしてはかなり悪い場所といえます。 今後は、このエリアに地下鉄やBRTができる話もありますので、このようなものができれば、マンションの値段はさらに上がっていくことが見込まれるでしょう。

その他のエリアのマンション価格について

この地区のその他のエリアは、現時点でかなり値段が上がっているものが多くあります。晴海地区以外は基本的には開発が終了しているところが多いですので、あまりこれから価格が上がるようなところはないともいえます。 しかしながら、世界的に見れば日本の不動産はかなり安いといえます。外国人が買いたいと思えるマンションがこの区には多く存在しますので、今後の値段の推移も安定的に進むことが見込まれるでしょう。外国人が購入することでさらに価格が上がる可能性もあるでしょう。 そして、日本的には地方のマンションに関しては値段が下がると言われておりますが、このエリアではその心配も非常に少ないともいえます。そのような点からも、このエリアにマンションを買うことは、資産性にも非常に優れているともいえます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加